PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VTR筑波課題メモ

この間、VTRで筑波走ってみて、いろいろミスや問題、加えてメンタルなことも
あったけど、率直な感想は12秒まで持っていくのは相当大変そう。

実際、無理なんじゃないの!?
って感じなので、データ使って少し真面目に今後の練習課題をまとめて置きました。


現状一番の問題点は、1回走ったぐらいじゃブレーキングポイントがわからない
ってところですかね。

センスがあれば、合わせられるんでしょうけどね。
僕の感覚だとかなりR6で走っていた感覚に引っ張られて、ブレーキ余りまくりです。

なので、まずは僕のR6での走りと、VTRで目指す走りとしてSPADAで12秒3のデータを
比較してみます

tc_trajectly.jpg

なるほどね!
VTRでは、もっとRをでかくとってコーナリングしないとダメなんですね。
意識した方が良さそうなのは、
1コーナーOUT・1ヘアIN/OUT・ダンロップIN・MC OUT・2ヘアOUT・最終IN かぁ~
ってほとんど全部じゃん....

で、ブレーキングポイントは?

tc_speed.jpg

この結果見ると面白いですね。
最終は別としても、ほとんどコーナーでR6の減速カーブと重なるだぁ~!

要するに、僕のR6の減速ラインと一緒ってことだから、出来ない訳じゃなさそうです。

ポイント(目印)割り出して、そこまでアクセル開ける続ける練習と
R6並みの強いブレーキに変えればいいって訳かぁ~
なるほどね!
なんか勇気湧いてきた!

で、今はどうなってんだ?ってことで引っ張り出したデータがコレ。
3月ハーフウェットで走った時のログです。
(先日のデータは、あまりにスプロケセットがダメで速度乗らなかったのでボツ!)
15x39のセットのVTRの速度の乗りで比較してみると....

tc_VTRspeed.jpg

思いの外、加速いいじゃん!
赤がSPADAで、緑がVTR
裏ストレートの加速で見ると、重なる位、性能は出ていますね。
よかったぁ~!

それに対して、ブレーキ掛け始めるの早過ぎですよね。
確かに、濡れてるところあったし、ちょ~余裕のブレーキでした。
もっと、ドライならもっとガッチリ掛けられるでしょう....!?

それに最終、全然ダメですよね。
ここを直すだけで、相当タイム縮められますね!
ここは反復練習あるのみですね。
R6との比較で、全然速度出てないの頭でわかったので、頑張れそうな気はします。

と言うことで、これからの練習では、

ブレーキポイント奥に取る練習
           プラス
どうもダンロップ進入と最終進入はノーブレーキ(アクセルオフのみ)みたいなので、

そこを繰り返し練習して、この走行ログに近づけたいと思います。

R6のデータを見ると、もっと速い速度から進入していたんだから
やって出来ないってことも無いでしょう!

あとは、コーナリングスピード上げるライン取りですね。

tc_VTRtra.jpg

最初に意識すべきは、1コーナーの立ち上がりラインですね!
速度落とさないように、はらまないとダメですね。

その為には、いかに最終を速く回るかですね。

狙うラインは、この実線↓
img_58068_18580637_5.jpg

R6じゃ怖くて全然出来なかったけど、VTRなら出来るかもしれないです。

アクセル全開で50m看板過ぎた辺りまで行き、
この辺↓かなぁ~!?
img_58068_18580637.jpg

アクセルオフでひとつ目のクリップより内側を眼見しながら一機にバンク!
って感じですね。

ブレーキ掛けなくてもバイク寝かせば勝手に減速するので行けるハズ!

まずは、これを出発点に頑張ってみましょうかね♪



スポンサーサイト

| Riding note | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://blogyma.blog120.fc2.com/tb.php/346-035c3586

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。